朝昼夜・読む時間に合わせて変化する記事

  • 2017.3.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、佐藤ねじです。午前のお仕事お疲れ様です!ランチの時間ですね!今日はどこにご飯を食べに行きますか?

記事に時間の概念を入れてみる

さて、いま読まれているこの記事は、12時から13時までしか読めない記事となっています。(他の時間に読むと、またその時間に合わせた内容の記事に変わっています。)これは、時間に合わせた記事を作るという試みです。ランチに関する記事を、深夜に読むのと、昼に読むのでは気分が違いますよね。時間に合わせてコンテンツが変化することで、どんな感じを作ることができるのか試めしてみたいと思います。

時間ごとに変化する記事一覧

変化する時間帯は下記の通りです。また他の時間帯もぜひのぞいてみてください。

●深夜(0:00—3:00)
●深夜(3:00—5:30)
●早朝(5:30—7:00)
●朝(7:00—9:00)
●午前(9:00—12:00)
●昼(12:00—13:00):今ここ
●昼(13:00—18:00)
●夕(18:00—19:00)
●夜(19:00—22:00)
●夜(22:00—0:00)
●深夜(2:50—2:55):深夜の2時50分から数分だけ特別な記事がアップします
●土日祝:記事もお休みします

ランチの時間ですね

今この記事を読まれている方は、すでにランチ中でしょうか。行列に並んでいる時の暇つぶしでしょうか。ランチに行く同僚を探しているけど見つからず、仕方なくボッチ飯にしようと心に決めたときでしょうか。風邪で休んで、熱が少し下がって起きたところでしょうか。

カレーの写真を貼っておきます

今、ランチどこ行こうか悩んでいる方がいらっしゃるとします。特に深い意味はありませんが、今日はカレーにしてはいかがでしょうか。美味しそうなカレーの写真をいくつか貼っておきます。ぜひカレーの気分になってみて頂ければと思います。



1日の終わりを昼と考える

ちなみに僕のランチタイムは14時からと決めています。それは1日の集中時間を増やすためです。昼ごはんを食べると眠くなってしまうため、朝9:30から14:00までを集中タイムにしています。大事な作業は基本、ここで終わらせるつもりでいつも望んでいます。

ランチ前にPCを終了させておくこともポイントです。こうすることで、ランチから戻ってきたときに、1日の始まりのような気分をつくることができます。心のキャッシュをクリアしたような状態です。

午後のパフォーマンスが下がることで困っている方がいらっしゃいましたら、このライフハックは、けっこうオススメです。ぜひ試してみてください!

それでは午後のお仕事も頑張ってください!